住んでよし 心ゆたかな 木の住まい    株式会社 コマバ
TEL:0155-44-2006    〒080-0573 北海道 河東郡 音更町 駒場 南2条通2番地
会社案内 TOP
案内図 木について
商品案内  素材販売  建築材  KD材  土木用木質資材  建具材  ツーバイ材  合板  集成材など

トドマツ

トドマツの葉
葉の裏はやや白いです


トドマツ・椴松     マツ科モミ属   常緑針葉樹

分布:北海道、千島列島南部、サハリン

北海道の森林蓄積量の24%を占め、一番多く生えている樹。
北海道で最も一般的な常緑針葉樹で、道内人工林の面積では約半分の52%ほどを占める。
道内では針葉樹をアオキと呼びますが、ほとんどエゾマツ・トドマツのことです。

高さ : 2030m、太さ6080cmになります。
葉 : 長さ2030mm、巾23mm。先は凹んで2つ見えます。エゾマツより柔らかい。
幹 : 樹皮はなめらかで、灰白色をしています。
寿命 : エゾマツに比べて短く、200年ほど言われています。

樹形トドマツの樹形
枝がやや上を向きます


材質    気乾比重  0.40前後

髄はありますが、通常赤目と呼ばれる、色の着いた心材がありません。
材は白色から淡い黄白色で、年輪ははっきりしています。
木目は真直ぐで、肌目はやや粗いです。材は比較的軟らかく、加工は容易です。

用途   北海道では最も重要な材なひとつです。内地で言うなら杉みたいな存在です。

・木材
建築材 : 柱、梁、土台、集成材、板材など
器具材、家具材、土木材、杭材、パルプ材、桶材、割り箸材など

・幼木 : クリスマスツリーは、ヨーロッパではモミの木ですが、道内ではトドマツを使います。
・枝 : 正月の門松、割り箸などにも使用されます。

トドマツの丸太 トドマツの巨木を抜倒したところ