住んでよし 心ゆたかな 木の住まい    株式会社 コマバ
TEL:0155-44-2006    〒080-0573 北海道 河東郡 音更町 駒場 南2条通2番地
会社案内 TOP
案内図 木について
商品案内  素材販売  建築材  KD材  土木用木質資材  建具材  ツーバイ材  合板  集成材など

シナ


シナの木目


シナの丸太


シナ、アカジナ    シナノキ科  落葉広葉樹
分布:北海道、本州、四国、九州

・名前の由来については諸説あります。
ひとつは、アイヌ語の「シナ(シナシナ」は、結ぶ・縛ると言う意味があります。アイヌ民族は、シナの樹皮から得られる繊維から、糸や縄を作り、布にもしていました。これが語源という説です。しかし、アイヌ語では、シナの木を「ニペシニ」と言います。

ひとつは、シナの種皮が「しなしな」していることから付いたとするものです。

また、信州美濃地方の古い表記は科野(しなの)であったそうです。
現在も蓼科(たてしな)、更科(さらしな)など科の付く地名が信州には多いのです。
この信濃地方は昔、シナを使った織物が盛んに作られたため、科野が転じてシナの木の呼び方にもなったのではないかという説です。

・シナノキ(アカジナ)とオオバボダイジュ(アオジナ)はよく似ています。
・菩提樹(ボダイジュ)について
お釈迦様が悟りを開いたのは、クワ科のインドボダイジュです。

高さ : 1520m、太さ6080cmになります。
葉 : スペード形で先端が急にとがっている。
幹 : 暗灰色で浅く縦に裂けている。


材質     気乾比重 : 0.48     散孔材

辺心材の境目は不明瞭。辺材は淡黄白色で、心材は淡い褐色です。
木目は真直ぐで肌目は緻密です。やわらかくて節がなく、加工がしやすい材です。

用途
・木材  
建築材、内装材:建築用の合板材、いわゆるシナ合板に使用されます。

器具材:鉛筆、アイスクリームのへら、マッチ棒、割り箸、弁当箱などの経木など
家具材:引出の側板、向板、フラッシュ家具の心材など
器具材:アイヌ文様を彫った彫刻品、生活用品(ニマ=盛り皿、イタ=お盆など)

・内皮  東北・信州:榀布の織物民芸品
アイヌ民族:衣服や建築材としての縄などに利用しています。
・花   良質な蜂の蜜源になります。

シナの丸太の山積み シナ巨木の切株