住んでよし 心ゆたかな 木の住まい    株式会社 コマバ
TEL:0155-44-2006    〒080-0573 北海道 河東郡 音更町 駒場 南2条通2番地
 会社案内 TOP
案内図 木について
商品案内  素材販売  建築材  KD材  土木用木質資材  建具材  ツーバイ材  合板  集成材など

セン、ハリギリ

センの葉写真撮影:青木繁伸氏


セン、ハリギリ   ウコギ科  落葉広葉樹

分布:北海道、本州、四国、九州、朝鮮半島、中国大陸

ハリギリと呼ばれるのは、桐のように成長が早くて葉の形も似ており、
枝に針のような刺があるからです。また、葉の形が天狗の持っている葉に似ていることから、テングノハウチワと呼ばれることもあります。

高さ : 2030m、太さ80100cmになります。
葉 : 天狗の葉の様に、手のひら状に59つに中ほどまで裂けています。
葉身は1030cmと大きく、葉柄も1030cm位あります。
幹 : 灰色を帯びた黒褐色で、若い枝には太く鋭い刺があります。


材質     気乾比重 : 0.50     環孔材

淡い黄褐色をしており、辺心材の境目は不明瞭。
木目が美しくケヤキに似ていることから、ニセケヤキと呼ばれ、使用されることもある。
材の硬さにより、オニセン、ヌカセンと分けられる。

オニセン : 成長が早く、年輪の巾が広いため木質の部分が多く、重くて硬い。

ヌカセン : 年輪の巾が狭く、軽くて柔らかいので加工しやすい。カンナをかけると桐に似た艶がでます。

用途
オニセン : 楽器材(ギターのボディ、和太鼓の胴など)

ヌカセン : 内装材、家具材(テーブル板、椅子、鏡台、ちゃぶ台など)、
器具材(下駄、櫛、盆、臼など)、楽器材(バイオリンの胴)、化粧合板

センの木肌

セン柾目 セン板目 センの丸太