住んでよし 心ゆたかな 木の住まい    株式会社 コマバ
TEL:0155-44-2006    〒080-0573 北海道 河東郡 音更町 駒場 南2条通2番地
会社案内 TOP
案内図 木について
商品案内  素材販売  建築材  KD材  土木用木質資材  建具材  ツーバイ材  合板  集成材など

キハダ
キハダの黄伯


キハダ、シコロ    ミカン科    落葉広葉樹

分布:北海道、本州、四国、九州

名前の由来は、樹皮の内側の内皮が黄色いことから、
「黄色い膚」の木といわれたのが転じたようです。
北海道・東北では「シコロ」と呼ばれます。アイヌ語では「シケルペ」です。

高さ : 2025m、太さ60100cmになります。
葉  : 510㎝の小葉が513枚で鳥の羽の様について、ひとつの大きな葉になっています。全体の大きさは、2040㎝位になります。
幹  : 淡い褐色で、厚いコルク質になっており縦に裂けます。
内皮は鮮やかな黄色で、黄伯と呼ばれます。


材質      気乾比重 : 0.48     環孔材

心材は、やや緑味を帯びた暗い黄褐色で、独特な色合いを呈しています。
木質はやや軟らかくて軽く、加工性は良いです。
水に対する強さは栗の木に次ぐといわれます。
乾燥の時に狂いが出たり、割れやすいので注意が必要です。
肌目はやや粗いですが、カンナで削ると艶が出て、木目が桑に良く似ておりきれいです。

用途
・木材
建築材 : 土台、流し場の板、内装材など
器具材 : お盆、経木、寄木など
家具材 : 桑の模擬材として使われることが多いです。茶箪笥、針箱、鏡台、指物など。
枕木、薪炭材、

・内皮 : 黄色い内皮は黄伯と呼ばれて、古くから民間薬として利用されています。
抗菌、抗炎症作用を持つ成分があるので、胃腸薬として使われます。二日酔いにも効くという話もあるそうです。

・内皮 : 染色の材料としても用いられます。中国では、最上級の身分の人が着る服をこれで
染めていました。
アイヌ民族も染色にこれを利用していました。

・果実 : 熟して黒くなった果実は果実酒に利用できるほか、駆虫薬としても使えます。
アイヌ民族は、この実を甘く煮詰めて咳止めや風邪薬に利用しています。

キハダの木目
キハダの丸太